相談が必要

和室の風景

解体工事の業作を選ぶのに、最初に各種免許の確認があります。ほとんどの方が解体を依頼するのが始めてで、知識が非常に少ないはずです。解体工事業者が信用できる業者であるかないかの判断は、当然許可を得ているはずの免許の確認です。そんなことを聞いていいのかと心配することは全くありません。解体工事業者も気持ちよく対応してくれない業者は、最初から選ぶ範囲から当然外すべきです。80平方メートル以下の場合は解体工事の許可なしで出来る場合があるますが、殆どの場合免許を取得しています。また産業廃棄物処理も当然必要な許可です。自社で行うのか、専門の業者に依頼しているのか確認をして下さい。産業廃棄物を投棄している場合は、依頼者にも迷惑がかかる場合があります。最初の時点で各種許可を確認することが大切です。

見積で大切なことは、解体業者と現場で立ち会って確認をしながら見積もりを作成することです。口頭のみの場合は、意思の疎通ができなかった場合、あとあと問題になるケースが多々有ります。必ず書面で見積もりを提出してもらうことが大切です、疑問点や分からないことがあったらその都度確認しておくことです。また例外として、解体している最中に地中から浄化槽や古い井戸や以前の工事業者が埋めた廃材等が地中から出てきた場合は、撤去費用として料金が追加されるます。見積書には「地中障害物は別途請求いたします」とかかれています。こればかりは解体し、掘ってみないとわからない物なので、万一地中から、何か出てきた場合に別と請求されるのは仕方ありません。大切なことは、見積時に不明確な部分をいかになくしておくかです。